「EQ英会話」DVDブック 『なぜ私たちは3ヵ月で英語が話せるようになったのか』 レビュー 評判 本城武則

『なぜ私たちは3ヵ月で英語が話せるようになったのか』

『なぜ私たちは3ヵ月で英語が話せるようになったのか』

『なぜ私たちは3ヵ月で英語が話せるようになったのか』

 
『なぜ私たちは3ヵ月で英語が話せるようになったのか』

いつものダイレクト出版の本より小さめ。全174ページ。文章もわかりやすく、すぐに読み切れます。

 
『なぜ私たちは3ヵ月で英語が話せるようになったのか』

本の表紙やパッケージが変わっている場合があります。

『なぜ私たちは3ヵ月で英語が話せるようになったのか』 レビュー

EQ 心の知能指数

こんな本がある。90年代だろうか。話題になった。

今では、この言葉は一般的にも使われている。

『EQ 心の知能指数』 ダニエル・ゴールマン

「EQ」というのは、「Emotional Quotient」、「心の知能指数」「心の偏差値」のことだ。「IQ」、いわゆる「Intelligence Quotient」、「知能指数」にならって名付けられている。

ここでのポイントは「心」、つまり「情動」を生産的な目標のために使う、ということだ。

蛇足だが、人が無心になって集中する状態、いわゆる「フロー」は、このEQの「最高次の発現」とも言われている。

日本人とEQ

日本人は、この「EQ」が低いのだそうだ。美しい自然の「四季」を愛(め)で、他の人を重んじる「和」の国に生きる、「お・も・て・な・し」の日本人が、だ。

何の話かと言えば、「英語のEQ」についてである。

この『英語EQ/なぜ私たちは3ヵ月で英語が話せるようになったのか』では、日本人が英語を話せない理由は、日本人の英語EQが低いからだ、と説明されている。

英語IQは、それほど低くないのだ。義務教育でも英語の授業があり、何年もの英語学習が必須となっている。

今、あなたの身の回りを見回して、周りにあるものを英語で言ってみてほしい。ほとんど、英単語で言うことができるのではないだろうか? 英文法だって、シンプルなものならお手のものだ。

日本人の「Pen-Pineapple-Apple-Pen」は、世界中の人に通じた。

日本人の英語IQは、問題ない。それなのに、日本人は英語がしゃべれない。

考えてみると、不思議ではないだろうか?

恥の文化

日本人のことは、外国人に聞いた方が早い。

こんな本がある。

『菊と刀』 ルース・ベネディクト 1946年

著者のルース・ベネディクトは20世紀、アメリカの文化人類学者。この本は、「日本人論」である。「菊と刀」はメタファー(比喩、象徴)である。日本人は、「美しい花を愛でるような繊細さ、優しさ」と「刀のような鋭利な野蛮性、攻撃性」を持っているという意味だろう。

この本で、日本は「恥の文化」ということが言われる。古くから、子供の教育で「そんなことをすると笑われますよ」などと言って、諭される。「和をもって尊しとなす」、共同体意識の強い日本では、ことさら、周りの目を気にする

サッカーを例に引くまでもなく、これが日本人の弱点にもなっている。

「人の目を気にする」

これが、「英語EQ」の低さの正体なのだそうだ。

この本『英語EQ/なぜ私たちは3ヵ月で英語が話せるようになったのか』では、このようなことが書かれている。

  • 「なぜ日本人は英語が話せないのか」
  • 「どうすれば話せるようになるのか」

念のため言っておこう。この本は、英語のレッスンをする教本ではない

英語が話せるようになる「マインド(精神・心持ち)」を説明した本だ。

そのマインドこそが「英語EQ」だ。

ちなみに、ピコ太郎の「英語EQ」は、高い。

あなたの夢と英語

英語を話すことができたら、どんな感じだろう? あなたは、英語で何を話すのだろう?

英語で日本を紹介した、こんな本がある。

『茶の本』 岡倉天心

『武士道』 新渡戸稲造

『代表的日本人』 内村鑑三

思想的なダイナミズムを持って、世界に日本を紹介した、偉人たちの本だ。

英語を話すことができれば、あなたの考えを広く伝えることができる。あなたのやりたいことができる。

あなたも、「夢」のために、「目的」のために、「英語EQ」を高めてみてはいかがだろう?

こんなことが知りたいなら……

『英語EQ/なぜ私たちは3ヵ月で英語が話せるようになったのか』は、平易な言葉を使って、とてもわかりやすく書かれている

読みやすく、シンプルな考えを伝えている。著者の本城武則さんのポジティブな雰囲気も伝わってくる。非常にエネルギッシュな人だ。

こんなことが知りたいのなら、本書はオススメ。

  • なぜ、日本人が英語を話せないのか?
  • なぜ、外国人に対して緊張してしまうのか?
  • なぜ、日本人の話す英語は通じないのか?
  • 実は、英語で考えるとダメな理由
  • マンツーマン方式が上手くいかない理由
  • 英語を聞き取るためのちょっとしたコツ

「英語を学ぼうとしている」かどうかは、問わない。

「そういえば、英語は勉強したのに、なんで話せないんだろう?」そんな疑問や興味だけで、あっという間に読めてしまう本なのだ。

上でも話したが、日本人の英語IQは高い。すでに、英語の知識はあるのだ。

マインドを改善する、心理ブロックを外す。心持ちや思い込みをあらためる。それだけのことで……

英語が話せるとしたら
どうだろう?

近日販売再開予定

注)この記事は、書籍『なぜ私たちは3ヵ月で英語が話せるようになったのか』のレビューです。

ちょっとまってください! ⇒ 今なら、100円でこの本が読めるかも。
※必ずリンク先で、この本が対象になっているかご確認ください。

【無料】要約 eBook プレゼント

ダイレクト出版の本 1冊1分でポイントがわかる 要約 eBook
無料 eBook はこちら
注文前に本の内容をチェック!

関連記事

  1. 『達成する人の法則 仕事と思うな、人生と思え』

    【無料・特典映像】『達成する人の法則 仕事と思うな、人生と思え』 レビュー 評判 原田隆史

  2. 『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法』

    【今なら無料】『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法』 レビュー 評判 エべン・ペーガン

  3. 『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』

    【特価】『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』 レビュー 評判 寺本隆裕

  4. 『大富豪の投資術 』

    【5/6まで特価】『大富豪の投資術 』 レビュー 評判 マーク・モーガン・フォード (マイケル・マスターソン)+パームビーチリサーチグループ

  5. 『インターネットビジネスマニフェスト』

    【今なら無料】『インターネットビジネスマニフェスト』 完全版 レビュー 評判 リッチ・シェフレン

月刊ビジネス選書
【4/30まで】お試し100円キャンペーン!
100円で どれでも 50冊 読み放題!


『知ってはいけない「世界の裏側」』
【4/29まで】新刊100円キャンペーン!

  1. 『現代広告の心理技術101』

    『現代広告の心理技術101』 口コミ レビュー 感想 評判 ドルー・エ…

  2. 『秘・人脈活用術』

    『秘・人脈活用術』(マル秘・人脈活用術) レビュー 評判 ボブ・バ…

  3. 『脳科学マーケティング 100の心理技術』

    『脳科学マーケティング 100の心理技術』 レビュー 評判 (ニューロ…

  4. 『屁理屈なし 社長のための時間の使い方 改訂版』

    『屁理屈なし 社長のための時間の使い方 改訂版』 レビュー 評判 ダ…

  5. 『ダン・S・ケネディの世界一ずる賢いフェイスブック集客術』

    『ダン・S・ケネディの世界一ずる賢いフェイスブック集客術』 レビ…

  1. 『達成する人の法則 仕事と思うな、人生と思え』

    【無料・特典映像】『達成する人の法則 仕事と思うな、人生と思え』…

  2. 『インターネットビジネスマニフェスト』

    【今なら無料】『インターネットビジネスマニフェスト』 完全版 レ…

  3. 『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』

    【特価】『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』 レビュー…

  4. 『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法』

    【今なら無料】『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオ…

  5. 『大富豪の投資術 』

    【5/6まで特価】『大富豪の投資術 』 レビュー 評判 マーク・モーガ…

  6. 『売上が伸びないときに読む本』

    【今なら無料】『売上が伸びないときに読む本』 レビュー 評判 シェ…

このサイトについて

この非公式サイトでは、ダイレクト出版の本をご紹介。ここから、あなたの “ビジネス成功の方法” を見つけてください。34冊の要約を収録した【無料】eBook も人気。

ブログ執筆者

いくつかのブログやネットショップの運営をしている。さまざまな会社を経験。社員10万人規模のメーカーから、東証一部上場のIT企業、のちにジャスダック上場のベンチャー、社員10人ほどの中小企業、フリーランス(個人事業主)まで。2009年に起業、会社設立。

毎日、数人がメルマガ登録。会員数1800人。このブログとメルマガを通じて、月間数百人がダイレクト出版の本を手にしている。ブログの誕生秘話は『ザ・ローンチ』のレビューで。