【特価】『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法』 レビュー 評判 エべン・ペーガン

『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法』

 

もしあなたがネットで起業したいとか
ネットで新しい収入源を作りたいと思っているなら
この広告は重要です。

なぜなら、90日以内にあなたの
大ヒット商品を完成させてオンラインで売り出す
方法が特価で手に入るからです。
 

事実、この本の著者である
エベン・ペーガンはこれまで
10のブランドを立ち上げ
合計100億円以上を販売してきました。

しかも社員も雇わず
オフィスもなしです。
 

そんな彼がやってきた
オンラインビジネス構築の
ステップをこの本で紹介しています。

今なら特価でゲットできるので
今すぐチェックしてみてください。
 

この本をチェックする
このリンクからだと 1,000円OFF!

 

「どんな本? ざっくり教えて」

『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法』

電子書籍、音声、動画コンテンツなどを制作し、ネットで販売する「コンテンツ・ビジネス」。コンテンツの作り方、売り方など、これ一冊で一通り理解できるようになっている。

著者は、自身で10のブランドを立ち上げ、100億円を売り上げたというエベン・ペーガン。もちろん、彼はこの「コンテンツ・ビジネス」で成功した。

「世界一のコーチ」アンソニー・ロギンス「ヴァージン・グループの創始者」リチャード・ブランソンなどから対談のオファーを受けるほど、エベンのビジネスの方法は評価されている。

「誰におすすめ?」

  • コンテンツ・ビジネスに興味がある人
  • ネットビジネスの収益をさらに上げたい人
  • 何らか専門の知識や経験がある人
  • 実用書を書いてみたい人
  • コンテンツはあるが、どう売ればいいのかわからない人

「ここがポイント!」

『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法』

コンテンツを作って売る。これが「コンテンツ・ビジネス」だ。すべてネットで完結する。この仕組みがあれば、例えば何もしなくても収益を生み続けてくれる。エベンの作った15年前のコンテンツは、今でも売れ続けているそうだ。

コンテンツ・ビジネスに取り組む人は、自分の知っていることを詰め込んで商品を作る。商品は、電子書籍や音声、動画などのコンテンツだ。

しかし、「いいものができた」と自分で満足しても、なかなか売れないという。エベン・ペーガンはこの本で、コンテンツが「放っておいても売れる」設計方法を解説している。これは、マーケティングや販売も視野に入れた商品の設計方法だ。

あなたは、この本で「放っておいても売れる コンテンツ・ビジネス」のやり方がわかる。

今では、コンテンツ・ビジネスの第一人者エベン・ペーガン。でも、このビジネスに行くつくまでは、いろいろと苦労したらしい。

その話の前に、まずはこちらを。

『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法』 目次

奇跡の始まりは、たった一冊の電子書籍からだった
はじめに

PART1 私の人生を変えたできごと

第1章 31歳、無職。借金300万円から人生を逆転させたストーリー

成功者なんて周囲に誰もいなかった
初めての電子書籍をリリース
人生を変えた1つのテスト
初年度から売上1500万円を達成
有名人からも続々と依頼が!
パソコン1台で寝室でも仕事ができる
15年前の電子書籍が今でも売れ続けている!
お金がかからず、寝ている間にも売ってくれる!

PART2 デジタル商品とは何か?

第2章 情報トレンドと偉大なチャンス

デジタル商品とは何か?
21世紀でもっとも価値のある必需品とは?
学びのニーズが急増中!
「遠隔教育」をより身近なものにしたインターネット
数十兆円規模の情報産業
破壊的イノベーションの台頭
刻々と変わる教育の場
破壊的イノベーションの例
コンテンツビジネスは今なお追求すべき優れたビジネスなのか?
あなたの「知ってる」は誰かの「知らない」

第3章 デジタル商品がもたらす巨大な利益

デジタル商品のベネフィット
場所の独立性
価値による価格設定
デジタル商品の種類と価格帯(エベンの例)
デジタル商品があなたにもたらすレバレッジ
大量ニッチ化
「現代のグル」の仲間入りをする
自分だけのニッチで頂点に立つということ
デジタル商品をオンラインで販売するには何が必要?
あなたがデジタル商品を作ってオンライン・ビジネスを始める理由

PART3 売れるビッグアイデアの見つけ方

第4章 失敗しらずのニッチ市場を特定する

知識の金鉱を掘りあてる
スタートはニッチ市場を特定することから
「ニッチ」=「ニーズ」
顧客のように考える
新しいカテゴリーを作り出せ
カテゴリーに名前をつける
失敗しらずの3大メガ・ニッチ
3大メガ・ニッチを構成するサブニッチ
ニッチ・テスト
カスタマー・アバターの創造
あらゆるトピックスがビジネスに
今やあらゆるジャンルでデジタル商品が求められている!
「犬のトレーニング」を検索している人は2秒に1人
あなたは本当に価値ある情報を持っている!
市場の将来性を測る「ニッチ・テスト」

第5章 顧客を理解しヒットの準備を整える

デジタル商品における最大の過ち
あなたの商品は顧客の成功にとっての障害物!?
象牙の塔から降りてみる
でも、ここに落とし穴が……
地球上でもっとも稼げるビジネススキル
ベストな質問2つ
個人的な質問をするための秘訣
目標は「理解すること」
顧客の頭のなかに忍び込め!
顧客の頭の中の会話に参加する方法
パワーワードを探せ
お金をもらってリサーチできる!?
顧客インタビューの設計

PART4 最短でデジタル商品を作る方法

第6章 アイデアを際立つコンセプトに変える

「コンセプト」「コンテンツ」「商品」3つの積み木
「完成したコンセプト」とは何か?
バラバラのアイデアを完成したコンセプトへ
大半の人は何をすべきか分からない
私たちはみんな時間不足
あなたのアイデアに耳を傾けてもらう方法
具体的な困難を解決するコンセプト作り
アイデアをコンセプトに転換するデモンストレーション
自己完結型コンセプトのポイント
あなたの商品をうんと目立たせるには?
人から求められる情報の作り方

第7章 価値あるコンテンツへと発展させる

コンテンツとはズバリ何か?
3つのフレームワークを活用する
その1—-三位一体脳モデル
脳同士の葛藤
さあ、これが真実です
その2—-4つの学習スタイル
「なぜ」タイプの学習者
「なに」タイプの学習者
「どうやって」タイプの学習者
「どうする」タイプの学習者
その3—-3つの過ちネタ
要注意! 解決策は?一部?だけ
恐怖と願望のモチベーションで行動喚起
つねに原点に立ち返ろう!
コンテンツ作りの技を磨く方法

第8章 勝手に売れるデジタル商品を完成させる

売り込むのではなく、買われる
商品設計のミス ――「データ・ダンプ」
放っておいても売れる商品とは?
特典で付加価値を追加する
「ドリル」と「穴」の関係性
商品は問題解決ではない
ハイエンド商品のタイミング
自分の知識をできるだけ高い価値のある仕様で商品化する
完璧な商品でなくてもいい理由
商品の展開の仕方
第2の商品作成2つのポイント
繰り返しの収 益 ――「定期購読」
インタビュー 形式の定期購読2つのポイント
もはや在庫を持つ必要すらなくなった
「商品」より「システム・メソッド」を考える
核心を大きなニーズに合わせよ
ホルヘ・クルーズのちょっとしたコツをもう1つ
忘れることのできない商品名を作る
彼らの感情の引き金になっているのは何か?
忘れられない名前の要素
ヒットを生み出したネーミングリスト
どの名前もパーフェクトではない
100ページの本と1-2日間のトレーニングを作るエクササイズ

PART5 爆発的に売るマーケティング技術

第9章 買われるマーケティングの仕組み

マーケティング恐怖症
モノを買うのはいつでも楽しい!
自分のことではなく顧客のことを話す
自分の商品の価値を翻訳する
時間やお金をどれだけ節約できるか?
商品の価値を顧客が理解できる言葉に翻訳するエクササイズ
すべてはテスト
コンバージョンを促す7つのステップ

第10章 パワフルなコミュニケーション手法

1000円の本と10万円でも売れる本の違い
コミュニケーション効果が3倍に
1人の顧客のための商品
コミュニケーションのための原則
コミュニケーションの扉を開く
パワフルなコミュニケーションのための7つの原則

PART6 あなたの商品を世の中に送り出す

第11章 商品の販売を成功させる究極の秘訣

単発で販売するという過ち
もっとも価値あるアイデアを無料で提供する
ライバルから一歩抜け出すために
顧客リストを持っている相手と関係を作る
オプトイン・ページの例
ローンチ用にオプトイン・ページを作成する
今すぐ申し込むための強力な動機付け

第12章 最強のツール「Eメール」の活用

マーケティングのキラーツール「Eメール」
コミュニケーションのしすぎはあり得ない!
Eメール・チェックリスト5
学びとグロースマインドセット
変わるのはまず「自分から」
おわりに

『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法』

『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法』 口コミ・評判

リンク先の本書の商品ページにて、この本を実際に買った方のカスタマーレビュー、感想を読むことができます。

エベン・ペーガン 著者紹介

米国の起業家。

これまで10年以上にわたり、世界中の数百万人の人に、人生におけるプライベートと仕事面の両方で成功する方法を教えてきた。オフィスも持たずに、スタッフも完全なバーチャルチーム(在宅)にも関わらず、ビジネスを始めてわずか10年で10のブランドを立ち上げ、総額100億円以上のコン テンツをオンラインで販売した実績を持つ。

世界一のコーチと呼ばれるアンソニー・ロビンズのマネー・マスター・プログラムの講師の一人として、他の有名なビジネス・リーダーたちとともに招かれたり、ヴァージン・グループの創始者、リチャード・ブランソンから対談相手に選ばれ、ヴァージン・ユナイトという慈善活動に数千万円も貢献した。

カナダのカルガリーで行われたイベントでは、F.W.デクラーク(元南アフリカ大統領、ノーベル平和賞受賞)、ダライ・ラマ14世(チベット仏教最高指導者、ノーベル平和賞受賞)、トニー・シェイ(ザッポスCEO)らとともに、賢者の一人として公演をおこなっている。

米国の起業家向けのトップスクールの一つであるUSCマーシャル・スクール・オブ・ビジネスにも講師として招待され、そこでも自分が持っている知識でデジタル商品を作り、オンラインで販売する方法を指導する。
NLP(神経言語プログラミング)、心理学、脳科学にも造詣が深く、最新の研究結果が存分に含まれたコンテンツはクオリティの高さに定評がある。

※目次、著者紹介は、ダイレクト出版から正式に提供された文章です。

この本をチェックする
このリンクからだと 1,000円OFF!

『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法』 レビュー

『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法』イメージ

借金300万円からの逆転劇

彼の名は、エベン・ペーガン。この本の著者だ。

彼は、あらゆるビジネス・アイデアを試した。不動産屋、ギターの講師、マーケティング・コンサルタント。しかし、どれもあまりうまくいかなかった。

おまけに、クレジットカードの借金が、300万円。

そんなとき、エベンは、友人が電子書籍のオンライン販売で成功していることを聞く。この友人に、エべンは、コンテンツビジネスを勧められた。

エベンは、2〜3週間で「デート」に関する電子書籍を書き上げ、ネット販売する。

それが、うまくいった。

今では、このビジネスは拡大し、その累計売上は100億円だという。そのノウハウが簡潔にまとめられた本が、この『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法』だ。

ちょっと、タイトルが長い。

コンテンツビジネスとは

エベンがやったのは、「コンテンツビジネス」だ。情報をコンテンツにして、売る。

電子書籍、音声、動画などの方法がある。ネットで販売できるので、店舗も倉庫もいらない。今や、パソコンがあれば、簡単に作ることができる。

この『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法』では、市場の選び方から、コンンテンツの作り方、マーケティングの仕方まで載っている。

まだ、ブログすらやったことない初心者でも取り組めるような、わかりやすい内容だ。

なお、私は、エベンのオンラインのセミナー動画を見たことがある。彼は、知的で優しそうなジェントルメンだ。

そんな、エベンのマーケティング戦略がいい。なぜなら、コンテンツを「放っておいて売れる」設計にしているからだ。

10代でもSNSを使いこなし、動画サイトにコンテンツをアップする時代である。「万」単位でファンを集める者もいる。

コンテンツは誰でも作れる。ネットに書き散らすこと、作り散らすことは誰でもできる時代だ。だからこそ、ビジネスの観点で、正しい「コンテンンツの設計方法」を知る必要がある。

エベンは、コンテンツが「放っておいても売れる」設計方法を教えてくれる。そうすれば、効率よくマネタイズ(収益化)ができる

これは、必ず見ておいてほしい。コンテンツを作り始める前に、必ず。

何を語ればいいの?

「コンテンツビジネス」。

興味はあるけど、何から作ったらいいの?

そんな風に迷う場合もあるかもしれない。いや、いろいろ迷って、検討することは大事だ。

本書には、比較的大きな市場があり、成功しやすいジャンルも紹介されている。だが、エベンはこうも言う。誰しもネットを使う現在では、ほとんどのニッチ市場でビジネスは成り立つだろうと。

検索サイトなどを使い、そのジャンルがビジネスになるかを調べる方法なども教えてくれる。

すべての人間は、生まれつき、知ることを欲する。

あなたは、何かを知っているはずだ。それは、自分では「当たり前すぎて」、その価値に気づいていないかもしれない。

本書には、こう書かれている。

あなたの「知っている」は誰かの「知りたい」

いや、そんな大した知識なんて、持ち合わせていないよ……。

それなら、それでいいのだ。

誰もが、ノーベル賞を受賞した学者に、学ぶ必要はない。大学生のお兄さん、お姉さんの家庭教師の方が、教わりやすい。そんなこともあるだろう。

ちょっとした知識でも、コンテンツになるのだ。

このサイトも、ダイレクト出版の本を読んで、コンンテンツ化している。厳密には、このコンテンツ(記事)を販売しているわけではないので、「コンテンツビジネス」とは呼ばないだろうが。

大事なのは、ちょっとした知識をコンテンツ化することだ。書くのが苦手なら、音声や動画で、話せばいい。それだけでいい。

これは、「手軽にできるネットビジネスですよ」という話ではない。

あなたの知っていることを、世に役立てることだ。あることに悩んでいる。こうなりたいと願っている。そんな人たちを、手助けすることだ。

あなたの「知識・経験・情熱」が、必要とされている。

あなたがやるしかない。

この本をチェックする
このリンクからだと 1,000円OFF!

【無料】要約 eBook プレゼント

ダイレクト出版の本 1冊1分でポイントがわかる 要約 eBook
無料 eBook はこちら
注文前に本の内容をチェック!

関連記事

  1. 『インターネットビジネスマニフェスト』

    『インターネットビジネスマニフェスト』 完全版 レビュー 評判 リッチ・シェフレン

  2. 『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』

    【22日まで・特価】『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』 レビュー 評判 寺本隆裕

  3. 『大富豪の投資術 』

    【特価】『大富豪の投資術 』 レビュー 評判 マーク・モーガン・フォード (マイケル・マスターソン)+パームビーチリサーチグループ

  4. 『なぜ私たちは3ヵ月で英語が話せるようになったのか』

    【特典DVD付】「EQ英会話」『なぜ私たちは3ヵ月で英語が話せるようになったのか』 レビュー 評判 本城武則

  5. 『達成する人の法則 仕事と思うな、人生と思え』

    【7/2まで/無料+特典映像付】『達成する人の法則 仕事と思うな、人生と思え』 レビュー 評判 原田隆史

  1. 『現代広告の心理技術101』

    『現代広告の心理技術101』 口コミ レビュー 感想 評判 ドルー・エ…

  2. 『秘・人脈活用術』

    『秘・人脈活用術』(マル秘・人脈活用術) レビュー 評判 ボブ・バ…

  3. 『脳科学マーケティング 100の心理技術』

    『脳科学マーケティング 100の心理技術』 レビュー 評判 (ニューロ…

  4. 『屁理屈なし 社長のための時間の使い方 改訂版』

    『屁理屈なし 社長のための時間の使い方 改訂版』 レビュー 評判 ダ…

  5. 『ダン・S・ケネディの世界一ずる賢いフェイスブック集客術』

    『ダン・S・ケネディの世界一ずる賢いフェイスブック集客術』 レビ…

  1. 『達成する人の法則 仕事と思うな、人生と思え』

    【7/2まで/無料+特典映像付】『達成する人の法則 仕事と思うな、人…

  2. 『ウェブセールスライティング習得ハンドブック』

    【22日まで・特価】『ウェブセールスライティング習得ハンドブック…

  3. 『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法』

    【特価】『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンライ…

  4. 『大富豪の投資術 』

    【特価】『大富豪の投資術 』 レビュー 評判 マーク・モーガン・フ…

  5. 『売上が伸びないときに読む本』

    【今なら無料】『売上が伸びないときに読む本』 レビュー 評判 シェ…

このサイトについて

この非公式サイトでは、ダイレクト出版の本をご紹介。ここから、あなたの “ビジネス成功の方法” を見つけてください。34冊の要約を収録した【無料】eBook も人気。

ブログ執筆者

いくつかのブログやネットショップの運営をしている。さまざまな会社を経験。社員10万人規模のメーカーから、東証一部上場のIT企業、のちにジャスダック上場のベンチャー、社員10人ほどの中小企業、フリーランス(個人事業主)まで。2009年に起業、会社設立。

毎日、数人がメルマガ登録。会員数2000人。このブログとメルマガを通じて、月間数百人がダイレクト出版の本を手にしている。ブログの誕生秘話は『ザ・ローンチ』のレビューで。